会員の皆様方におかれましては、益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。また、日頃から法人会活動にご支援ご協力を賜り厚くお礼申し上げます。
市川法人会は、昭和24年に設立され、昭和50年に社団法人へ、そして平成24年に公益社団法人へ移行しました。

会の基本方針である「税のオピニオンリーダー、よき経営者をめざすものの団体」として、中小企業経営者の積極的な自己啓発を支援し、企業のニーズや時代にマッチした税に関する研修会等を開催し、納税意識の向上と税知識の普及啓蒙を図っております。

また、次代を担う子供たちが税の重要性を正しく理解し、関心を持てるよう「落語租税教室」、「税に関する絵はがきコンクール」を実施している他、「マイバッグ運動」を通して資源の大切さ、地球環境保護の大切さを教えると共に、ゴミやCO2を減らす活動に参加してもらう等、社会貢献活動にも力を入れております。

その他にも、「税制改正に関する提言」を取りまとめ、各方面への要望を通じて企業の事業継続を支援し、地域の人々が安心して暮らせる社会づくりに貢献しています。また、企業に役立つ知識や情報提供を行う各種セミナーの開催等、地域に身近な地区・支部による各種行事は異業種交流の場として有効に活用されています。

税務当局のご指導を仰ぎ相互信頼を保持しつつ税務行政の円滑な運営に寄与し、申告納税制度の発展、e-Tax及びマイナンバーの普及に努める所存です。

これからも会員増強運動を推進し、強固な団結のもとに組織の確立を図ってまいりますので、会員の皆様方にはより積極的にご参加くださいますようお願いすると共に、このホームページをご覧の未加入の皆様方には是非、当会の活動方針にご賛同いただき、ご入会いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

公益社団法人 市川法人会会長   

梨 近一

 

 。